借地権新法の特徴


新法である「借地借家法」には、「普通借地権」と「定期借地権」の二つがあります。新法で新たに設けられたのが、後者の「定期借地権」です。

定期借地権は、さらに3種類に分けることができます。「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3つです。

まず一般定期借地権は、借地権の存続期間を50年以上と設定される定期借地権です。契約更新はなく、契約満了とともに借地権が消滅する仕組みになっています。また、借地権者は契約満了時に、建物を取り壊し、土地を更地にしてから地主に返還しなければなりません。

定期借地権次に、建物譲渡特約付借地権は、借地権の存続期間を30年以上と設定される定期借地権です。契約満了時に、地主が土地に建っている建物を買い取ることが特約として決まっています。また、借地権者が地主に建物を譲渡した時点で、借地権も消滅する仕組みです。

最後の事業用借地権は、借地権の存続期間を10年以上50年未満と設定される定期借地権です。名前の通り、事業用の建物を所有することが条件となっています。契約満了とともに借地権は消滅し、借地権者は建物を取り壊して土地を更地にしてから地主に返還します。

また新法では、借地権の存続期間が最初に定められていない場合でも、一律30年は存続期間となっています。最後に旧法との違いについて説明します。