借地権って何?


借地権とは、「第三者から土地を借り、その土地に自己所有の建物を建てられる権利」です。借地権者は、その土地の地主さんに毎月土地代として支払うことで、借地権が成立します。

さらに借地権は、地上権と賃借権に分けることができます。地上権は、土地の権利を登記することができ、その土地にある建物を第三者に売却、転貸することが自由にできます。賃借権は、売却や転貸をするときは地主の承諾を得る必要があります。例を挙げると、借地権のマンションは多くが地上権となっており、借地権の一戸建て住宅はほとんどが賃借権となっています。

借地権借地権の大きなメリットは、固定資産税や都市計画税がかからないこと、所有権を購入するよりも安く買えること、借地権付きの建物として、借地権の権利を売却できることなどが挙げられます。対してデメリットは、まずは土地代が発生してしまうこと。その他にも、契約にあたり地主さんとの間にさまざまな制約ができてしまうことが挙げられます。

この借地権は、平成4年に「借地借家法」として大きく改正されました。しかし、改正前から設定されている借地権には旧法が適用され、改正後に設定された借地権には新法が適用されます。つまり、法律改正から20年以上経っている現在も、旧法が適用されている借地権物件が多くあるということです。そして現在、旧法が適用されている借地権について悩んでいる地主さんが多くいらっしゃいます。ここでは、そんな借地権の新法の特徴、そして旧法との違いについて、ご紹介していきます。